So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2015年10月19日 |2015年10月22日 ブログトップ

戦国時代の裏話 討ち取った首に化粧?戦国の世の女性はすごい!! [戦国 裏話]


戦国時代には現代では考えられないような
習慣や慣習が数多く存在していました。

例をとれば「切腹」など現代では考えられないような
習慣が多数存在します。

切腹についてはまたの機会に詳しく書きますが、
昔の人、特に戦国時代には
今ではグロい、、、と思わず顔をしかめたくなるような
光景が日常的に生活環境の中に多く存在していました。

今回はそんなグロい戦国時代の中で女性にスポットをあててみます。

題して
「討ち取った首に化粧?戦国の世の女性はすごい!!」
です。

討ち取った首に化粧をする・・・
これはテレビドラマであまり映ることのない、戦国の裏話です。

なぜテレビで見ないか??
それはただただグロいからです(笑)

そんな場面映したら、みんなチャンネル変えます。
気持ち悪いですもんね(笑)

戦国時代、戦で戦果をあげた証拠となるものこそ討ち取った生首でした。

その為、戦に勝てば人の首を腰や材木にぶらさげて持ち帰る。
それも、何十も何百も。。。

今川義元が織田信長に打たれた桶狭間の戦いでは
織田軍は約3000もの首を討ち取ったと言われています。

持ち帰った首は
「首実験」といわれる評定の場で
「だれだれがこの首を討った」などと書いた札を付けて
板に並べる。

戦国時代では討ち取った首の数や
有名な武将の首を討ち取ることで戦の恩賞の大小が決まっていました。
そして戦果の確認を兼ねていることもあり
この「首実験」はとても大切な作業でした。


信長・秀吉時代に生きた女性に「おあむ」という人物がいました。

この「おあむ」の体験談をまとめた「おあむ物語」によると
討ち取った生首に化粧をする「首化粧」についても書かれています。

・討ち取った首を洗い
・髪をとかし髷を結う
・顔に白い粉を塗り
・おはぐろをする
首化粧ではこのような作業をしていたとあります。

この時代、血生臭いのは戦をしている男だけではなく、
女性も裏でこのように血生臭い作業をしていました。

討ち取った首に化粧する。
戦国の世の女性はすごい!!

平和になれば男性が女性化し、軟弱になる為に
女性が強くなると言いますが、

乱世である戦国時代でも女性は強いですね。。

いつの時代も女性は強いのかもしれません。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

戦国時代はいつから?いつまで?

戦国時代っていったいつからいつまでなのか?

この質問ってすぐに答えられる人ってそう多くないと思います。

このブログではそんな戦国初心者が
知っていればより楽しく戦国を楽しめるような
そんな情報を発信していきます。

今回は、第1回ということで

戦国時代はいつからいつまでなのか?です!!!

戦国時代の始まりは
「応仁の乱」とされるのが一般的です。

この応仁の乱より室町幕府の支配体制は大きく揺らぎ
全国は「下剋上の世界」へ
いわゆる「戦国時代」へ突入します。

室町時代は足利尊氏が初代征夷大将軍に就任してから
15代足利義昭が織田信長に追われるまでの約240年間を指します。

応仁の乱が勃発したのは1467年、義昭が将軍職を追われたのが
1573年なの室町時代と戦国時代は106年間重なっています。

では、戦国時代っていつ終わったのでしょうか?

いつだと思いますか?
実はこの戦国時代の終息時期については諸説あります。

一、織田信長が京に上洛したとき 1568年(永禄11年)
二、室町幕府が滅亡したとき(義昭が信長に追放された時) 1573年(天正元年)
三、豊臣秀吉が天下統一したとき 1590年(天正18年)
四、徳川家康が将軍に就任したとき 1603年(慶長8年)
五、大阪夏の陣で豊臣家が滅亡したとき 1615年(元和元年)

みなさんはどこだと思いますか?

時代をわけると考えるとき、信長、秀吉の天下時代を
「安土・桃山時代」っていいますよね。
それを考えれば「一、信長が京に上洛したとき」も
時代を分ける区分としては成立すると考えられる。


しかしながらこのあとも関ヶ原や大阪冬・夏の陣があるので
決して戦国の乱世が終わったわけではないですよね・・

大阪夏の陣以降、
民が平和な世の中になったと感じること、
戦乱が終息したこと
これを・・・・
元和堰武(げんなえんぶ)」と呼ぶそうです。

戦乱が終息してこそ
戦国時代の終わりとするのがごく自然な考え方とすると
「五、大阪夏の陣で豊臣家が滅亡したとき」となるのではないでしょうか?

そしてこの時代の人も
元和堰武(げんなえんぶ)という言葉を用いて
乱世の終結を言葉にして意識していることがわかります。

民が平和になったと感じ、
乱世が終わったと感じるようになったのは
大阪夏の陣以降、完全なる徳川時代となったこの瞬間でしょう!!



nice!(0)  コメント(0) 
-| 2015年10月19日 |2015年10月22日 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。